税理士の将来性について

税理士は高い会計や税務の知識を持っていますから、いつの時代でも、安定的な評価や地位があるのが魅力です。
会計や税務がなくなることはありませんし、どの企業でも納税の義務は避けられないものだからです。
さらに、現在いる税理士は高齢化が進んでおり、将来的には若い税理士に大きなチャンスが訪れると予想されています。
潜在的なニーズは常にある業務ですから、サービスを提供している人にはチャンスがあるのです。
高い知識やスキルを持っていれば、独立だけではなく、会社員としても高い評価を得られるというメリットもあります。
よって、顧客開拓ができなくても、会社員になるという選択肢もあるのです。
実際に会社員として働く人も増えてきています。
この資格を持っていれば、いきなり経理部長や取締役になれるケースも多いのです。
待遇的にも恵まれているので、必ずしも独立する方が良いとも言えないのです。
独立をしないとしても明るい将来を得られるのがこの資格の魅力になっています。

2015/4/1 更新

税理士

Copyright © 税金についてのノウハウを! All Rights Reserved.